• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 園の取り組み > デフリンピックのサ…

デフリンピックのサッカー選手との交流

「心を育む」活動の一つとしてデフリンピック選手との交流会を行いました。

デフリンピックとは「ろう者(Deaf)+オリンピック(Olimpics)」の造語で、

ろう者のオリンピックという意味です。

 

交流会は今年度で6回目。選手たちはサッカーを通して、耳が聞こえる、聞こえないということを越えて

友達をたくさん作ることができること、諦めないで続けていれば夢が叶うことなど、伝え続けてくださいました。

今年度も選手たちと一緒にゲームをしたり、サッカーをしたり、お弁当を食べたり、手話を教わったり・・・

子どもたちは選手たちのことが大好きになりました。

この交流会で沢山のことを感じてくれたようです。

 

〇交流会の様子は「すくすくサレジオ」でもご覧いただけます

IMG_5126

選手たちとご対面♪手話も一緒に「おはようございます」のごあいさつ。

IMG_5163

手話で「切手のないおくりもの」の歌を披露しました。

IMG_5177

外では選手たちにリフティングやパス回しを披露いただきました。ボールの速さにびっくり!

IMG_5204

お弁当後は手話や筆談で選手たちと色々おしゃべり♪ゲームに試合にたくさん遊んで楽しかったね!

 


今度のデフリンピックは今年の12月にブラジルで開催予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、来年5月に延期されました。

また、2025年のデフリンピックを日本で行うための招致活動も行われているので、近い将来、日本でデフリンピックが開催されるかもしれません。どちらも応援したいですね!

 

IMG_5184IMG_5189IMG_5192IMG_5195

ページトップへ