• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 図書室だより > されじおブックん …

されじおブックん 5月号

タンポポ、つつじ、てんとうむし、あり、みつばち・・・。

毎日の発見を楽しんでいますね。図書室にある本を紹介します。

「すみれとあり」    矢間芳子 さく

「ありの ぎょうれつ」 得田之久 さく

すみれは どうして ここにさいているのかな?

ありのぎょうれつの さきにあるものは?

ありのきもちになって読んでみてね。

DSC05577

【おしらせ】

☆「たいせつにみてね」コーナー

元気になったら貸出しできます。入院中は図書室で見てね。

DSC05547

☆「おかあさまのほん」もたくさんありますよ

お母さん絵本

 

◆ せんせいのえほんのおもいで~えんちょうしんぷさまのおもいで・・・♪ ◆

本の最初の記憶は確か・・・いろんな自動車が載っている絵本だったかと思います。(遥か半世紀以上前の記憶ですが)紙だと破ってしまうということでしょうか、布製でした。ストーリーとして覚えているのは「大きなかぶ」、これ定番ですよね。シンプルだけど、どんどん展開していくストーリーが大好きでした。それから小学校低学年の時は「ちいさいモモちゃん」ですね。実はどんなストーリーだったかほとんど覚えていないのですが、なぜか読んでいた情景は覚えているんですよ。

🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹

「ちいさいモモちゃん」 

松谷みよ子・講談社

1964年に出版された「ちいさいモモちゃん」は今でもよみつがれています。モモちゃんがうまれたときからのおはなしで、アカネちゃんという妹も生まれます。幼稚園の図書室にはありませんが、どこかでみつけたら読んでみてね。

おはなしたまてばこ(みんなで)

「こんにちは おひさま」

詩・たかだ としこ  絵・みやざわ はるこ  発行・女子パウロ会

幼稚園に来るときも 外であそんでいるときも わたしたちをてらしてくれる

あたたかいおひさま。かみさまは おひさまのように いつも わたしたちを

やさしくてらしてくださっています・・・と、語りかけてくれる絵本です。

ブルグミュラー「アベ・マリア」をピアノで聴いてみましょう。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

☆4月15日 たまてばこをオープンしましたよ♪

  ♪おはなし たまてばこ どんな はなしかな♪

  ♪わくわく どきどき あけてみよう  オープン♪ (「たまてばこ」のはじまりのうた)

うたにのって「はらぺこ あおむし」をみました。

♪チョコレートケーキとアイスクリームと・・・♪
  
歌にあわせて手拍子してくれました♪

  ♪おはなし たまてばこ みんなのたまてばこ♪

  ♪はらぺこ あおむしは おしまい またね~♪   (「たまてばこ」のおわりのうた)

ミニたまてばこ(年長)

4月23日(金)2クラス」合同でオープンしました。

☆「そらまめくんのベッド」 特大版  なかや みわ さく・え 福音館書店


「そのはなし、しってる」「ほん、もってるよ」と声が・・・

今回は劇場版「そらまめくんのベッド」でしたよ~

さいごの場面のうた

♪ふわふわ ベッドが みつかった きょうは たのしい おいわいさ・・・・♪
  
を「きらきらぼし」の替え歌でうたったあとに・・本物の殻つきそらまめが登場。

さわってみると殻もふわふわ・・

むいてみたら・・あ~そらまめくんがみえた!と嬉しそう。

ベッドの正体は殻だったんですね!ベッドのふわふわを感じた後はおみやげにしました。

自然科学にもふれられたたまてばことなりました。


☆幼稚園のブログ「すくすくサレジオ」でも「おはなし たまてばこ」の模様をご覧いただけます。

ページトップへ