• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 図書室だより > 4月

4月

よろしくおねがいします!

今年度図書室業務を担当致します、神田雅子(かんだまさこ)です。

子どもたちは何事にも興味津々な毎日だと思います。絵本の世界でも新しい何かを感じて

もらえるよう、様々な働きかけができる本をそろえていきたいと思います。

図書室は火曜~金曜に開いています。月曜日は閉室となります。

変更のある場合は図書室だよりでお知らせ致します。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

『おむすびころりん』(みんなで)

松谷みよ子/文 
長野ヒデ子/絵 
童心社

むかし、ばあさまが山で仕事をしているじいさまへおむすびを届けに行ったと。
ところが、足をすべらせて転んだとたん、おむすびが転げて穴の中へ。
すると穴の中から、歌声が聞こえてきた…。

『おさんぽトコちゃんトコトコトコ』 (年中)

宮西達也/作・絵 
教育画劇

おさんぽトコちゃんは、おさんぽが大好きです。
この道を歩いて行ったら、どこに行くのかな。
きれいなお花畑かな、それとも山かな、海かな。
でも、そこについたら、へんなことが起きているかもしれません。
トコちゃんは、そう考えただけで、ドキドキしてくるのです。


『おたすけこびととあかいボタン』 

なかがわちひろ/文 
コヨセジュンジ/絵 
徳間書店

ウサギのぬいぐるみの目の“あかいボタン”がなくなってしまったので、こびとたちがさがすことに。
ボタンは部屋のなかで、すぐみつかったのですが、うっかり水槽の中に落としてしまいました。
こびとたちは、はたらく車を使って、ボタンを徹底的にさがすことに…。

『ルラルさんのだいくしごと』(年長)

いとうひろし/作 
ポプラ社

ルラルさんは本物の大工さんではありません。
でも、大工仕事の腕前は、なかなかのものです。
窓やドアを直すのなんて朝飯前。
今日の大工仕事は、雨もりする屋根の修理です。
ところが、修理が終わって、屋根から下りようとして、びっくり。
はしごが倒れていて、下りられません…。


『おすしのせかいりょこう』 

竹下文子/文 
鈴木まもる/絵 
金の星社

回転寿司のお寿司たち、ある日突然言い出した。
「こんな暮らしはもう飽きた」「回ってばかりじゃ、目が回る」とろ、いか、えび、たこ、うに、いくら、あなご、ひらめ、かっぱ巻き。
お寿司は店を飛び出して、一体どこへ行くつもり?

ページトップへ