• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 図書室だより > 5月

5月

図書室だより2018-5写真2  図書室だより2018-5写真1

■図書室から

4月から新しいお友達がたくさん増えました。すみれ組さんも幼稚園に慣れて来ましたか?

ほんの何日か前からすみれ組さんの貸出も始まりました。4月のよみきかせの際に、ばら組、

ゆり組のおにいさん、おねえさんに「すみれ組さんのお手伝いよろしくね!」とお願いしましたら

とても元気なお返事が返ってきました!

今月からすみれ組さんのよみきかせも始まります。

「神田先生のよみきかせ楽しみ♪」との言葉を胸に、今年もいろいろな絵本を紹介するべく、張り切って準備を進めたいと思います。

 

『はなさかじい』(みんなで)

松谷みよ子/文 
西村繁男/絵 
童心社

貧乏なじいさまとばあさまの家へやってきたシロはある日、じいさまを背中に乗せて山へと登っていきました。
「ここほれ、ワンワン」 シロが吠えたところを掘ると、そこからなんと大判小判がざっくざっくと出てきて…。

『じいちゃんバナナばあちゃんバナナ』(年少)

のしさやか/作・絵 
ひさかたチャイルド 

バナナくんは五人家族。
おとうさん、おかあさん、バナナくん、それから、すっかりいい色に熟した、おじいちゃんとおばあちゃん。
ある日、脱ぎっぱなしの皮が落ちていた。
それは、おじいちゃんの皮だった。
お風呂場から出て来たおじいちゃんは…なんと、チョコバナナになっていた!


『どうやってねるのかな』 

やぶうちまさゆき/作 
福音館書店

シマリスはどうやってねるのかな、コウモリはどうやってねるのかな、ラッコはどうやってねるのかな、そしてキリンはどうやってねるのかな!
知っていますか?

『パンツいっちょうめ』(年中)

苅田澄子/作 
やぎたみこ/絵 
金の星社

「わーいわーい。パンパンパンツ、パンツいっちょうー!」
パンツいっちょうで外にとびだした、だいくん。
どんどんどんどん走ったら、だいくんとおなじ、パンツいっちょうのこだぬきに出会った。
そこでは、うさぎもコアラもやぎもりすもからすも、パンツいっちょう。
 あれあれ? 「パンツいっちょうめ」に来ちゃった!?


『てをつなぐ』 

鈴木まもる/作 
金の星社

ぼくは、母さんと手をつないだ。
母さんは、妹と手をつないだ。
おばあちゃん、消防士さん、おすもうさん、外国の人、動物。
いろんな人や、いろんな動物がいる。
でも、みんな手をつなげば、いっしょだ。
地球の上に生きているのはいっしょだ。
どんどん、手がつながっていって…。

『くうき』(年長)

まどみちお/詩 
ささめやゆき/絵 
理論社

“ぼくの胸のなかに いまはいってきたのは いままでママの胸のなかにいたくうき そしてぼくがいまはいたくうきは もうパパの胸のなかにはいっていく おなじ地球(ちきゅう)にすんでおれば いつかはおなじくうきがいれかわるのだ ありとあらゆるいきものの胸のなかを” すべてのつながりをうたった詩の絵本。


『かばんうりのガラゴ』 

島田ゆか/作・絵 
文渓堂

ガラゴは旅するかばんやさん。
いつも右と左、色の違うくつをはいていて、お客さんがほしいかばんを、いつでもどこでも出してくれる。
さあ、今日、最初のお客さんはだれかな?

ページトップへ