• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 教育方針 > 保育の特徴

保育の特徴

最も大切なことに十二分に時間をかける保育

エントランスに設置されているマリア様の像

キリスト教とドン・ボスコの精神に基づいて、子どもたちの心とからだの健やかな成長を目指します。

設定保育と自由保育のバランス

製作、体操、神さまのお話、よみきかせ、行事の練習など(設定保育)を基本的に45分(小学校の授業1限分)以内にし、後は思いきり自由に遊びます(自由保育)。遊び込む時間と座って話を聞いたり作業したりする時間、メリハリも自然に出てきます。

遊びこむ時間

お友だち、保育者と一緒に、時にはひとりで夢中になって遊びこむ時間。人生において何にも代えがたい大切な時間です。子どもたちはそれぞれのテーマを深めつつ、豊かな出会いを体験していきます。お互いに話し合うこと、折り合いをつけること、助け合うこと。人生を通して大切なことが、遊びこむ時間にたくさん詰まっています。

ずっと大切なこと

お祈り、食事、あいさつ、日本語といった生涯大切なことを、時間をかけて大切に育てていきます。図書の貸し出しといった日々の積み重ねと共に、宗教行事、デフリンピック選手との交流、食育プログラム、防災カリキュラムなども実施しています。

ページトップへ