• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 今月のことば

今月のことば『「憐れみ」と「慈しみ」』

新しい年を迎えました。明けましておめでとうございます。
2022年がご家庭にとって神様の祝福に満ちた一年であるよう
お祈り申し上げます。

さて今日は「憐れみ」と「慈しみ」という言葉についてお話しします。
聖書では両方とも多くの場合「憐れみ深い神様」、「神様の慈しみ」と
いうように神様の心を示す言葉として登場します。では「慈しみ」と
「憐れみ」どう違うのか?相手に対して心が動くという同じような意味の
言葉ですが、なんとなく違いがあるようにも感じます。気になったので
少し考えて自分なりに対比してみました。

慈しむとは他者から暖かさをもらうこと、ほっこりして笑顔になること。
例えば電車の中で赤ちゃんを見ると周りの人がみんな笑顔になります。
「慈しむ」とは他者から「暖かさを受ける」もの、受動的なもの(何は
せずとも赤ちゃんの存在で癒されます)としましょう。

憐れむとは相手に暖かさを届けること、胸が痛み苦しくなること。例えば
道で困っている人がいれば何ができないかと手を差し伸べようと思うのは
「憐れみ」の心から。「憐れむ」とは他者に「暖かさを与える」もの、能動的
なもの(「大丈夫ですか?」とつい声をかけます)とします。

この慈しみと憐れみは「呼吸」のようなもので、慈しみは人から笑顔をもらう
こと(吸)なら、憐れみは人に笑顔を届けること(呼)です。ちなみに「呼吸」は
英語では respiration と言います。語源として分解すると、re(何度も)+  spirit(精神)
であり、心・精神をお互いに届けあうこと、それが呼吸となるわけです。

サレジオ学院幼稚園は「憐れみ」と「慈しみ」に満ちています。音楽会などで
一生懸命演奏をしている子供達を応援する保護者の目は「慈しみ」に輝いていますし
困っているお友だちを前に園児さんの目は「憐れみ」をたたえています。

園児さんたちはお友たちの「痛み」に敏感です。お友だちが泣いていれば声をかけ
困っていれば自然と手を差し伸べることができます。そんな園児さんを見るにつけ
人はごく小さい時から共感する心を持っているのだと実感します。成長過程の中で
原初体験としては「憐れみ」が先にあって、「慈しみ」は後から経験するものだとも
思うくらいです。(もちろんその背景には大人からの愛情と「慈しみ」を子どもたちが
一身に受けているからなのですが。)「もらう」より「与える」ことが先にあるという
ことはとても深い意味があるように感じます。

園児さんたちの日常生活を見ていると、園児さんたちは神様の心を持っている「神様の子」
だと強く思います。

 

画像1

今月の言葉「202112月」

もうすぐ「おいわいかい」ですね!

みんなセリフをおぼえたり、うごきもれんしゅうしたりたいへんでしたね。

ほとんどあそびのじかんもなくてれんしゅうばかりのひもありましたね。

でもれんしゅうするたびにみんなじょうずになってきました!

ほんばんではかぞくのかたもおおぜいいらっしゃいますよ!

「おいわいかい」はイエスさまがおうまれになったようすのげきです。
「おいわいかい」のキャストはみんなたいせつなやくわりをもっているんですよ。

だからイエスさまもきっとたのしみにされていることでしょう。がんばって
くださいね!

そしてよいクリスマスをおむかえください!

 

保護者の皆様へ

運動会が終わり、幼稚園の日常生活は「お祝い会」一色に染まっています。毎日の練習は
大変ですが、だんだん練習を通してみんな声もはっきり出せるようになり、演技もしっかり
してきました。12月18日(土)の当日はぜひ幼稚園にいらしていただき、お子さんの
成長を体感し、本来のクリスマスの雰囲気を味わっていただければと思います。

「本来のクリスマスの雰囲気」を申しました。「お祝い会」では聖書に描かれた
救い主イエス様がこの世にお生まれになった様子(最初の、そして本来のクリスマス)
が再現されます。キャストは例外なくクリスマスの大切なメッセージを伝える役割を
持っています。みんな神様から派遣された「全権大使」です。

ところでクリスマスには馬小屋のセットが必ず飾られます。サレジオ学院幼稚園では
受付横に大きなセットが置かれており、園児さんたちは地下ホールへの行き帰りに
馬小屋の前でご像を指差しながら「ヨゼフ様」「マリア様」「牛さん」「羊さん」と
ひとしきりおしゃべりをしています。サレジオ学院幼稚園に限らず、キリスト教教会では
クリスマスに馬小屋を飾るという習慣が長い間伝統として続いてきました。

この馬小屋について聖パウロ女子修道会のHP「ラウダーテ」では次のように解説しています。

このクリスマスの飾りは、イタリア語で「プレゼピオ」と言います。この馬小屋をはじめて
作ったのは、イタリアの聖人、アシジの聖フランシスコだと言われています。

聖フランシスコは、1223年グレッチオで、イエスの降誕の馬小屋を飾って、村人と共に
クリスマスを祝いました。グレッチオには、岩山の上に修道院があり、洞窟に突き出した
岩に、馬小屋を再現した壁画と祭壇が残っています。

今では、クリスマスになると、馬小屋を飾り、私たちの救いのために、貧しい馬小屋で
小さな赤ん坊としてお生まれになってくださったイエスのことを思い起こします。

https://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_umagoya.php (参照 2021年 11月24日)

 

今月の言葉「2021 11月」

うんどうかい、みんなすばらしかったよ!
ダンスもくみたいそうもすっごくじょうずにできてたね。
ほんばんがいちばんよかったよ!
かけっこ、たまいれ、リレーもがんばったね!
サレジオのおにいさんたちのジャグリングたのしかった?
みなさんによんでもらっておにいさんたちもよろこんでたよ、またやらせて〜だって。

このまえはどうぶつさんたちがきたね。どうぶつさんたちかわいかったね!
みんなはどのどうぶつがおきにいりだった?
ぼくもポニーさんにのりたかったなぁ(せんせいたちものっててズルイ!)

こんしゅうはハロウィンだね!みんなでかそうしてゲームしようね!

そしていよいよおいわいかいのじゅんびだね!
いっしょうけんめいれんしゅうしてイエスさま、マリアさまをおよろこばせしましょう!

先日の運動会に皆様お越しいただきありがとうございました。園児さんたちの演技を見守り
園児さんからたくさんの感動を届けてもらいました!一つ一つの行事の中に園児さんの成長を
見ることができますね。
さて今月は私が最近目にしたものを二つばかり保護者の皆様と共有したいと思います。
一つ目は高崎卓馬(文)黒井健(絵)『まっくろ』という絵本です。一人の男の子は
来る日も来る日も画用紙を真っ黒に塗りつぶします。えっ?周りは訝しげにその男の子を
見ています。でも最後にたくさんの真っ黒な画用紙をつなぎ合わせると . . . とても大切な
ことを教えてくれる本です。
二つ目はウラニーノというグループの『中年花火』という楽曲です。最初に聞いた時パイルドライバーを
喰らったような衝撃を脳天に受けました。おすすめの聴き方はまず耳だけで楽曲を聴くことです。ドラムと
ギターの2ビートの無骨なリズムで「おっさん」「おっさん」と連呼してます。我慢して聴いていると
そのうちに「星」という言葉が出てきます。この瞬間にみなさんの頭の中には「?マーク」やある気づきが
浮かぶかもしれません。さてそれからです、ミュージック・ビデオを観るのは。最初に聴いた印象の答え
合わせとして。MVでは全てが語られています。電車の中とかではなくあえておうちで無防備な状態で
お聴きください。涙腺崩壊は免れません!

 

 

今月の言葉「2021 9月」

サレジオようちえんのみなさん、げんきですか?

このなつやすみはどうでしたか?

コロナのためあまりおでかけできなかったかもしれませんね。

でもたのしいこともあったんじゃないですか?

しぎょうしきのひにはせんせいたちになつやすみどんなことをしたかおはなししてくださいね。

2がっきはうんどうかい、おいわいかいなどいろいろなぎょうじがたくさんあり、たのしいことが

いっぱいありますよ。みんなでげんきにすごしていきましょうね!

さて2がっきからあたらしいおともだちをおむかえします。すずきみおちゃんです。みおちゃんが

いちにちもはやくなれることができるよう、みなさんなかよくしてくださいね。

 

保護者の皆様へ

コロナ禍の中夏休み期間もいろいろ気苦労の多い日々ではなかったでしょうか。

この夏にサレジオ学院幼稚園において「夏祭り」と「お泊まり保育」を実施できたことには大きな喜びを
感じています。実施に向けては保護者の皆様のご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。子どもたちは
思う存分お友達と遊び、楽しんでいました。またおともたちと一緒に長い時間過ごし、おうち以外の場所で
寝るという体験も始めてのことだったのではないかと思います。お泊まり保育の最後に作成したマグカップ
のイラストには子どもたちの生き生きとした感性を感じさせる色とりどりの素晴らしい絵が描かれており
また子どもたちが送ってくれた暑中見舞いには夏祭りの体験や将来の夢などが描かれており心の無限の
広がりに感動しました。幼稚園時代には体験を通してしか学べない多くのことがあることをあらためて
実感しました。

さて2学期が始まります。世の中の状況はまだまだ予断を許さないものであり、幼稚園としては子どもたちの
体験を通しての学びと健康の両立という二つの軸の間で難しい運営を迫られていることは事実であります。
しかし子どもたちの一回限りの幼稚園時代の体験をなるべく豊かにするよう最大限工夫をして参る所存であります。
保護者の皆様にもご理解、ご協力をいただければと存じます。

具体的な今後の活動に関しては先日のメールでお知らせした通りではありますが、一方情勢の変化に
よっては変更の必要も出てくる可能性も否定できません。その際にはなるべく早くご連絡をいたします。
何かとご不便をおかけすることもあるかと存じますがよろしくお願いいたします。

今月のことば「7月」

まだまだ新型コロナウィルス蔓延状況は改善が見られないようです。色々な制約がある中ですが
サレジオ学院幼稚園としては引き続き安心・安全を最優先としながらも、日々の教育活動を
継続・発展させていくよう努力して参りますのでご理解・ご協力をお願いいたします。

6月もいろいろは行事を行うことができました。6月10日(木)には宙(そら)の教室を主催
されているかわいじゅんこさんをお招きして移動式プラネタリウムを開催し、園児さん達に天体の
位置、動きなどを紹介していただきました。とてもわかりやすい説明もあり、映像を通して、また
語りを通して星が身近な存在となったかと思います。ご家庭での会話にも星座の話題で盛り上がった
のではないでしょうか。私は小学校の時理科の授業で天体が不得意でそのまま理科嫌いになって
しまったという苦い経験があるので、プラネタリウムなどを通して園児さん達が理科が大好きな
子供に育っていってほしいと思いました。

6月12日(土)には「父の日」が開催され、多くのお父様方が参加してくださいました。天候にも
恵まれ、バラエティーに富むアクティビティーを通して、普段のお子さんとの関わりとはまた違った
たくさんの子供達、たくさんのお父様が集う「行事」という環境の中、お子さんの表情や変化に
感動されたことと存じます。子供達と一緒にゲームをしたりお絵描きをしたり、またお父様同士で
情報交換もできた楽しいひと時だったのではないでしょうか。お忙しい中参加してくださり感謝
申し上げます。

また月毎の行事ではありますが「お誕生日会」も園としてとても大切にしている行事です。教室で
お母様方にお子さんの名前の由来、「こんな子供に育ってほしい」と言う願いもお聞かせいただいて
おります。どのお母様も「優しい子供」「思いやりのある子供」「みんなに愛される子供」とおっしゃって
いることに感動します。「こんな子供に育ってほしい」と言う願いの中にはそのお母様の大切にしている
価値観が込められていると思います。
私は中高の校長もしております。中高にもなるとどうしても学力、進学といったスキル・知識系のことに
注目が行きがちですが、だからこそ「人として一番大切なものは?」と問われたときには「価値観や心の
在り方」だと色々な場面で申し上げるようにしております。そういった意味でお誕生日会でのお母様の
お言葉には感動しますし、励まされもします。お母様方の大切にされている価値観を園としてしっかり
受け止めそれを少しでも実現していけるようご家庭と一緒に進んでいきたいと思っております。

7月もすぐそこに来ています。7月には「夏祭り」や「お泊まり保育」があります。この行事の園児
さん達にとって教育的に意義のある、また思い出に残る機会なので、感染対策をしっかりしながらできる
ことを最大限行って参りたいと思っております。ご家庭にもご協力をいただくこともあるとは存じますが
この点もご理解・ご協力をいただければと存じます。

しょう

 

けいた

 

 

 

 

 

今月の言葉「聖母祭」

このまえのせいぼさいではみなさん、りっぱにぎょうれつをして

きょうかいにいき、マリアさまをたたえることができました。

マリアさまもとてもよろこんでいらしたとおもいますよ。

さて6がつは「ちちのひ」があります。

おとうさんのえをかいたり、いろいろじゅんびしてきましたね。

6がつ12にちにはサレジオにだいすきなおとうさんをおよびして

あそんだり、「ありがとう」をつたえましょう!

 

保護者の皆様へ

先日は聖母祭に多くのお母様、お父様が参加してくださり感謝申し上げます。
園児さんたちが礼拝のローブを着て教会に赴きマリア様を讃える、この静謐な
ひと時を共有していただきありがとうございました。園児さんにとってお父様
お母様が一緒に参加してくださることは大切なことだと思います。またお父様
お母様が園児さんの真剣に祈る姿、また普段の精神的教育活動の一端を見て
いただく機会となったことを園として嬉しく思っております。

天気が心配されましたが、マリア様の御加護もあったのでしょうか、開始の直前に
雨が止み、当初の計画通り行列を披露することができました。道々園児さんたちが
「教会だね〜」と口々に言っていたのを聞きながら、教会が祈りの場、特別な場で
あることを園児さんたちが理解できていることに感動しました。

キリスト教は様々なシンボルを使いながら宗教的メッセージを伝えます。立ち上る
かぐわしい香のけむりは私たちの祈りが天の神様に届くこと、聖水は神様が特別の
ものとして祝福されていることを示しています。これも非日常の体験だったのでは
ないでしょうか。

 

園児さんたちの世界はとても小さな、そして温かい雰囲気に満たされていると感じます。
おうちでは愛情深い家族、園では優しい先生とお友達。一方小さく暖かく慣れ親しんだ
環境であるが故に家庭と幼稚園の外にある広い世界との接点、社会性をどうやって経験
させるかは懸案事項でした。

しかし先日そんな懸念を払拭するような情景がありました。一人の園児さんが捕まえた虫を
虫かごに入れて私のところに来ました。「虫つかまえたよ〜見て〜」。ちょうどその時門の
外には学校帰りの小学生の男の子が数名いました。園児さんはついでにその小学生にも見せに
行きました。彼はなんと「虫がいるんですよ」と小学生に敬語を使っていました。敬語を使う
ことができた、それは接する人によって言葉を使い分けることのできる社会性、状況判断力を
彼が身に付いていることを証しているわけです。

普段の日常生活の中で大人に対しであっても敬語を使う場面は皆無でしょう。でも彼らはなんらかの
刺激を受けながら社会性を身につけ成長しているんですね。子供が自ら学び成長していく存在である
からこそ、幼稚園と家庭は子供たちをそっと支える温かい場所、自分を受け入れてもらえる場所である
べきなんだなぁと改めて感じました。

 

 

今月の言葉「遠足」

こんにちは!

このまえの「こどものくに」のえんそくたのしかったですね。

おかあさんやおとうさんといっしょにゲームをしたり、おべんとうをたべたり。

そうそう、そのあとすべりだいなんかであそんだりもしましたね。

5がつには「せいぼさい」があります。せいぼぎょうれつできょうかいにいき
おはなをマリアさまにささげながら、おいのりをしましょう!

しんがたコロナウィルスのせいであまりおでかけができないでしょうが
おうちのまわりにさいているおはなやむしをさがしてみてくださいね。

 

いよいよお子さんもばら組さんになりました。私たちは日々の園生活の中で
子供たちの成長を嬉しく思うともに、子供たちに励まされもしています。

さて先日の「こどもの国」での遠足にご参加いただきありがとうございました。
幸い暑すぎず寒すぎず過ごしやすい気候の中で開催することができました。
お母様、お父様を交えてみんなで一緒にワイワイとゲームをするのはとても貴重な
ひと時だったかと思います。(本当は緑の芝生の上でやりたかったのですが、先着の
ミニコガネムシさんに占有されていたので仕方なくコンクリの上で行いましたが)。
お弁当を食べた後は恒例の「お菓子交換会」、何気ない風景ですが、子ども達はお互いに
自分のものをお友達に差し出すというとても大切な信頼関係を築く瞬間だと思います。
遠足に限らず日常の何気ない瞬間も貴重な宝物だと思います。子ども達は宝物、笑顔も
泣き顔も寝顔も宝物。五月は聖母祭があります。聖書に描かれているマリア様の子育ても
山あり谷ありだったようです。赤ちゃんのイエス様を連れて三人でエジプトへの逃避、
神殿でいなくなってしまったイエス様を二人で探した「事件」、お父さんのヨゼフ様に
教えられながら大工仕事をしている息子の姿、そして弟子たちを連れて宣教活動をする
ために家を出るイエス様を戸口で見送る朝 . . . マリア様の生涯は子育ての日々でした。
その時その時のイエス様の表情ひとつひとつがマリア様にとって宝物だったのでしょう。

今年一年「より細かく、より大胆に」をテーマに頑張ってまいりたいと思います。

今月の言葉「始業式」

はるやすみはどうでしたか?

おうちにいることがおおかったけれど、でもたのしいこともあったでしょう。

さていよいよみなさんは「ばらぐみさん」ですよ!

じゅんびはばっちりですよね!

せんせいたちはきょうしつをかざったり、みなさんのれんらくちょうに

シールをはったりしながらみなさんとあえるひをたのしみにしてました。

されじおがくいんようちえんはことしは「ばらぐみ」さんだけですが、
もうなんでもすべてみんなのためだけのようちえんです。みんながやって
みたいことをどんどんチャレンジしていきたいと思っています。いっしょに
さいこうにたのしいサレジオにしていきましょう!

 

保護者の皆様へ

昨年度はコロナ禍の中、年間のスケジュールや行事が大幅に変更になり、大変ご迷惑を
おかけいたしました。教職員一同できることを最大限チャレンジしたつもりではありますが
至らない部分もあったと存じます。今年度サレジオ学院幼稚園は「ばら組」さんのみでの日常と
なります。特別な環境となりますが「より細かく、より大胆に」をテーマとして、年長さんと
しての成長を育んでまいりたいと存じます。よろしく御理解、ご協力をお願いいたします。

ところでサレジオ学院幼稚園という一つの教育機関を超えて世界には1400以上のカトリック・
サレジオ修道会の経営する教育機関があります。世界中にあるサレジオの幼稚園・学校では毎年
1つの目標を掲げ、それに基づき教育活動を行います。今年の目標は「希望」です。(この目標は
現サレジオ修道会総長フェルナンデス神父様の発案によります)。コロナ禍において世界の人々が
傷つき苦しんでいる中で、前に進んでいくためには希望が拠り所となるからです。日本ではこのテーマを
このようなポスターにしました。幼稚園でも掲示されているのでご覧ください。

画像1

私たちサレジオ学院幼稚園にとって、希望の拠り所がもう一つあります。それは園児さんたちです。
子供たちはたとえ幼くても、目に見える現象の向こうにある「心の動き」を感じとる能力があります。
サレジオ学院幼稚園の園児さんは「人の痛みに寄り添う心」が豊かに育まれていると感じます。ご家庭
でもこの価値観を大切になさって子供達を育ててらっしゃるからだと思います。お友達が泣いていると、
「どうしたの?」「だいじょうぶ?」と言いながら慰め、そして先生に「〜ちゃんが泣いているよ」と報告してくれます。泣いている子には悲しいこと、苦しいこと、辛いこと、痛いこと、助けて欲しいことがはずです。たとえ肉眼では捉えられなくても園児さんは心でそれらを感じ取り、自分ができること、「慰める」「先生に連絡する」ことをしてくれます。園児さんたちはイエス様の教えをしっかりと自分のものとしていると確信しています。

画像2

今年も私たちにとっての希望である子供達の「心」を育んでまいりたいと思っております。

 

 

 

 

今月の言葉「卒園」

ばらぐみさんのみなさん、そつえんがちかづいてきましたね。

どんなおもいでがありますか?やさしいせんせいとげんきなおともだち
いろんなたのしいぎょうじがいっぱいなサレジオようちえんだったと
おもいます。

ぼくもみなさんといっしょにすごしてたのしいおもいでをみなさんから
たくさんもらいました。ありがとうございました。みなさんのそつえんを
おいわいしたいきもちとさびしいきもちです。

あとすこしになったようちえんでのまいにちをたのしくすごしていいおもいで
をたくさんつくってくださいね!

 

早いものでもう3月が近づいてきました。梅の香りも柔らかくなった空気から
伝わってくるような気がします。

今年はコロナ禍もあり1年間が普段にも増してあっという間のように感じます。

それにつけても園児さん達一人一人の成長の速さにも驚かされます。先日の音楽会の
演奏でもゆり組さん、ばら組さんのそれぞれの演奏と歌は素晴らしいものでした。
実施して良いものか、また実施するならどのような形態をとれば安全かと悩みながらの

運営でした。保護者の皆様にもご満足いただけるものだったでしょうか。

当日の私の挨拶でも少し触れたのですが、幼稚園での日々は楽しいことばかりではありません。

お小言や辛い練習もあります。そんな中で子供達の成長の証は「けじめ」です。先日節分の日に
豆まき大会がありました。園児さんたちはそれこそ思いっきり豆を巻き鬼と戦っていました。

少々鬼さんの体力が心配でした。そして後は音楽会の練習がありました。あれだけ騒いだ後の
園児さんたちの地下ホールでの佇まいといったら . . . 普段中高生の体育の授業の様子を見知って
いる私にとって園児さんたちの「切り替え」の素晴らしさには舌を巻きました。

ばら組さんの「♪あたらしいあしたへ」の歌詞をご記憶されているでしょうか?先生たちの

心憎いプログラムに、わかっていてやられてしまいました。保護者の皆様の中でも涙腺崩壊の方が
いらっしゃったのではないでしょうか。

 

おかあさんにあまえてはなれられなくなったり

きもちがとどかなくてけんかしたこともあったけど

いまこうしてぼくはここにいる

 

おとうさんのせなかもせんせいのえがおもともだちのこえも

いままですごしたまいにちが

みんなみんなたからものだから

 

いままでのすべてをありがとうぼくはこうしておおきなったよ

これからもがんばるからずっとよろしくね

今月の言葉「2月」

いよいよおんがくかいがちかづいてきましたね。

みんないっしょうけんめいれんしゅうしてきたからとってもじょうずになりましたね。

がっきになれるところからはじまって、みんなであわせてひとつのきょくにしあげる

ところまできました!

どのがっきもそれぞれたいせつなやくわりをもっていて、それぞれのおとがないとなにかが

たりなくなるんですよ。ひとりひとりたいせつなパートをえんそうしているんですよ。

れんしゅうをきいていて、みなさんが、せんせいのしきをみて、おたがいのおとをききながら

ひとつのこころでえんそうしてることをすごくかんじました。

ことしのおんがくかいはふだんのおんかくかいとすこしちがったかたちになってしまいますが

せんせいたちは、みなさんがあんぜんに、おもいっきりえんそうできるよういっしょうけんめい

じゅんびしています。

 

保護者の皆さま

これまでも数回にわたり、感染予防のお願いをしてまいりました。 ご家庭におかれましては
今後も毎日の登園前の検温をお願いいたします。

各教室では窓やドアを開閉しながら換気に注意しております。園児同士の距離を保ちながら
教室での活動を心がけ、また部屋などの移動の際アルコール手指消毒を行なっております。
お弁当の時間には会話を控え食事をするよう子どもたちに伝えています。お友達とのおしゃべりは
食事後、マスクを着用しながらということにしております。1教室あたりの園児数の関係で当園では
時差登園等、日常の活動やスケジュールの変更は行っておりません。ただ非常事態宣言発出にあたって
延長保育(バンビーニ)の時間短縮を行なっております。ご利用されているご家庭には大変ご迷惑を
おかけしておりますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

1月8日の非常事態宣言に合わせてこれまでの対応に加え、園庭の活動時も含め園内での全ての活動中に
マスクの着用をすることといたしました。 コロナ禍の中で、それぞれができることを少しずつ頑張って
いきたいと思います。

ページトップへ