• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 今月のことば > 今月のことば 【1…

今月のことば 【12月】クリスマス

もうすぐクリスマスですね!

クリスマスには なにをしますか?

パーティー、おしょくじ、そしてプレゼントこうかん!

クリスマスでは なにをおいわいするのでしょう?

クリスマスはサンタさんのおいわいではありませんよ。

クリスマスはイエスさまがうまれたことをおいわいします。

イエスさまがこのせかいにいらっしゃったのは、ぼくたち、
わたしたちひとりひとりがとってもたいせつであることをつたえたかったからです。
街並みはクリスマス一色ですね。あちこちの店にツリーやリースが飾られ、
クリスマス・ソングの流れています。ワクワクしますね。またそろそろ
プレゼントのことが気になってくるのではないでしょうか。

ところでキリスト教会では、イエス様が生まれたことをお祝いするクリスマスに向けて
準備をする特別の期間が定められています。この期間は「アドベント」と呼ばれ、
今年は12月3日の日曜日から始まります。これを聞いて少し不思議な気持ちに
なりませんか。そうです。まだ「本家」キリスト教会ではクリスマスの準備をしていないのに
街並みはもうクリスマスの飾りで埋め尽くされています。そしてそこには主人公である
イエス様の代わりにサンタクロースが幅を利かせています。イエス様も聖ニコラスも
苦笑いをしているかもしれませんね。

いずれにしてもクリスマスはイエス様の降誕をお祝いする日です。
イエス様は人類を救うため、特に貧しい人々、苦しんでいる人々に希望を与えるために
この世に来られました。ユダヤの貧しい両親のもとに、旅先の馬小屋の中で生まれたこと、
しかも最初にイエス様を訪問した人が貧しい羊飼いだったことは偶然ではなく、
そこに「苦しむ人の近くにいたい」という神様の計画がはっきりと現れています。

クリスマスにあたりご家庭でもこのようなクリスマスの真の意味をお子様に伝えて
いただければと思います。イエス様自身がわたしたちにとって最高のプレゼントなのです。

園だより 絵

ページトップへ