• 電話:044-866-0559
  • 〒216-0004
  • 神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-13-7

ホーム > 今月のことば > 今月のことば 3月…

今月のことば 3月「卒園」

ばらぐみのみなさんはそつえん、おめでとうございます。

ゆりぐみ、すみれぐみのみなさんはひとつがくねんがあがりますね。

このいちねん、いちばんたのしかったことはなんですか?

いちばんのおもいではなんでしょうか?

 

3がつはどんなつきでしょうか?

だいすきなおともだちとのおわかれのとき、

あたらしいおともだちとのであいがやってくるとき。

かなしいこともあるし、

たのしみなこともあるし。

 

またあたらしいがくねんがはじまりますね。

いっしょにがんばりましょう!

 

保護者の皆様、お子さまのご卒業、ご進級おめでとうございます。
3月という月はこれまでの1年を振り返り感傷にふけるととともに
新しい1年を迎える期待に心が揺さぶられます。1年間の幼稚園での
日々を振り返ってみて、お子さんはどのように成長したでしょうか。
これからどんな日々が彼らを待っているでしょうか。新しい発見
新しい驚き、そして若干の寂しさと不安。

私はといえば後悔と感動でしょうか。今年の後半は膝を痛めてしまい
満足に園児さん達に関わることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
一方杖をついていたり階段をゆっくり歩かなければならない分、子供達の
優しさに触れる機会がたくさんありました。「園長神父様、大丈夫?」
毎日だれかが声をかけてくれます。「お大事に」なんて言葉もかけて
もらいました(そんな言葉知っているんだとびっくり!)。
「歳だからね」と言ったたら「そんなことないよ〜」(なんという大人の対応!)
さらには「痛いの痛いの飛んでいけ〜♪」(うん、なんか痛くなくなった感じ . . . 涙)
子供達は周りの人々に関心を持ち、他者を慮る心が育っています、そしてその心を
伝える言葉を持っています、全てが感動でした。子供達の心はこれからも無限に
広がっていくのでしょう。

年度の終わりに当たり、今年一年保護者の皆様にはサレジオ学院幼稚園にご理解と
ご協力をいただきたいへんありがとございました。感謝申し上げます。

ページトップへ